Wi-Fiレンタル、利用申し込みから返却までの流れ

どれがいいのか決めよう

郵送でも返却できる

期間が過ぎたら必ず返却しよう

Wi-Fiの使用期間が終わりに近づくと、そろそろ終了するという連絡が届きます。
ですから返却する日を忘れることはないと思います。
もう使用しないならすみやかに返却して、まだ使う場合は延長したい旨を伝えてください。
黙って、使用期間が過ぎてもWi-Fiを使い続けることはしないでください。
無断で延長していると、延滞料金が発生します。

それはきちんと業者に伝えて延長した時より、高額な料金を請求されます。
罰金のようなものなので5000円近い金額になるかもしれません。
無駄な出費に繋がるので、延長する際は伝えてください。
使い終わったなら、お店に持っていきましょう。
自宅近くに実店舗がある業者なら、すぐに返却できるので楽です。

遠いところにある業者を利用したい

自分が使用したいWi-Fiを扱っている業者が、遠く離れたところにしかない時があると思います。
実店舗に行くのが難しい際は、郵送で返却できないか調べてください。
使い終わったら、郵送で業者に返却する形になります。
それならどれだけ遠く離れていても、問題なくWi-Fiをレンタルできるでしょう。
そのような業者は、借りる時も郵送で届けてくれます。

ネットから申し込むだけでいいので、Wi-Fiを借りる際も返却する際も楽です。
出張先から郵送することもできるので、使い終わったらすぐ返却してください。
すると返し忘れることがありません。
業者ごとに扱うWi-Fiの種類だけでなく、返却方法も変わります。
そのことを踏まえて、利用する業者を決めましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る